不眠症で眠れない毎日から抜け出す方法【解消でスヤスヤ睡眠】

案内

自覚のない血液の病気です

どんな状態ですか

医者

血液中に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪が増えすぎてしまう状態を高脂血症、または脂質異常症といいます。HDLコレステロールと呼ばれる善玉コレステロールが低すぎる状態も含めます。高脂血症の症状は、空腹時に、LDLコレステロール値140ml/dl以上、HDLコレステロール値40ml/dl未満、中性脂肪値150ml/dl以上のいずれかです。高脂血症には原則、自覚症状がありません。血液検査でしかわかりません。自覚症状がないところが問題です。高脂血症の原因は食生活や運動不足に由来する場合が多いですが、遺伝性の場合もあります。遺伝性の家族性高コレステロール血症の場合、皮膚に黄色い腫瘤(黄職種)が出たり、アキレス腱肥厚がみられる、といった症状が出ることがあります。

どんな治療をしますか

血液中にLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎると、動脈硬化を起こします。動脈硬化自体も自覚症状がありませんが、放置していると、心筋梗塞や脳梗塞へとつながり、最悪の場合は死に至ります。たとえ自覚症状がなくても、高脂血症は治療が必要なのです。動物性脂質の多い高カロリー食を取り過ぎると、高脂血症になるといわれています。また運動不足等の生活習慣も大きく影響します。食生活をはじめとする生活習慣を見直し、改善することが、治療の基本です。しかしそれでは不十分な場合、LDLコレステロール値や中性脂肪値が高すぎる場合には、薬物療法を行います。ただし原因が遺伝の家族性高脂血症の場合は、早い段階から薬物療法を開始します。